喜可久旅館 | ゆのくにゆのたび別府温泉

喜可久旅館

宿の名の由来は「久しく喜ぶ可し」という語から。「いつも笑っていたほうがいい」という意味が込められています。別府市街地からほど近い場所に佇む温泉宿。戦前に建てられた建物で、随所に昭和の香りが感じられます。趣深い空間でゆっくりとおくつろぎください。

湯の写真1
源泉かけ流しの天然温泉で無色澄明。大小2つの貸切風呂があり洗い場は各1基ずつ。大きい湯舟は3名様から4名様がゆっくり入浴できます。源泉は他と比べてあまり熱くなく、長い時間じっくりと浸かるのにちょうどいい温度。泉質はマグネシウム、カルシウム、ナトリウムが多く含まれていて、肌ざわりはさっぱりサラサラ。せっけん成分がよく落ちます。
湯の写真2
小さい湯舟は1名様から2名様が入れる広さ。小さいほうが落ち着くという、常連のお客様の声もよく聞きます。
湯の写真3
泉質を記載したパネル、レトロ感あふれます。先代女将のお父様が書かれたもの。※この表記はパネル作成の当時の物で現在の成分表記とは異なります。
もっとみる
空間の写真1
各部屋には、中学校時代から生け花を習っていたという女将が生けた花が飾られています。
空間の写真2
玄関を彩るお花。当宿の女将にとって、お部屋を飾るお花を生けるのが一番好きなひとときなのだそう。
空間の写真3
増改築を続けたことで生まれた独特の建物の造りは、どこか懐かしく不思議な世界に迷い込んだかような感覚を覚えます。
空間の写真4
団欒スペースにかけられている「喜可久」の旗は、かつて団体客を引率する際に実際に使われていたものです。
もっとみる
客室の写真1
現在、宿泊受付している客室は2階3部屋、3階2部屋。お客様にゆっくりとお休みいただけるよう、寝具にこだわって寝心地がよいものを揃えています。全室無料Wi-Fi対応しています。
客室の写真2
部屋によって広さが異なり17畳の客室は、5名様程度まで宿泊可能。お風呂とトイレは全室共同、洗浄機付き洋式トイレにリフォームされていて綺麗です。
客室の写真3
1名様から2名様での宿泊にちょうどいい6畳のお部屋。
もっとみる
食の写真1
当旅館は素泊まりのみ。別府の中心街に位置しているので周辺の飲食店は充実しています。隣には喫茶店「アホロートル」があり、女将さんもイチオシ。丁寧に作られたカレーやスパゲティなどフードメニューが評判です。
人の写真1
今の女将は3代目。元々は、明治生まれのお祖母様が開いた宿。女将は別の仕事をしていましたが、多くの人に愛されたこの宿を昔ながらの昭和様式のままで守っていきたいとあとを継ぎました。「お客様に恵まれたから、ここまで続けることができたのだと思います。ゆっくりくつろいでもらって、また来たいなと思っていただけたら何よりですね」。

喜可久旅館 別府温泉

チェックイン/アウト

In:16:00~/ Out:~10:00

※宿泊プランによってチェックイン・アウト時間が異なる場合があります。

温泉

温泉/源泉掛け流し/貸切風呂

泉質は単純温泉(中性 低張性 高温泉)無色・澄明
別府ではめずらしく、湯温が低めです。じんわりと温まります。

客室数

5室

駐車場・送迎

駐車場:有り/送迎:無し

室内設備・備品

タオル・バスタオル, ハミガキセット, 浴衣, お茶セット(無料), テレビ

交通アクセス

JR別府駅から徒歩8分

所在地

〒874-0943 大分県別府市楠町7-9
TEL.0977-22-1651

その他の宿